ホーム > Pick up Interview 黒川芽以

Pick up Interview 黒川芽以

婚活でもがき苦しむ姿は、
あらゆる年代の女性たちに共感してもらえると思います。

 タブーなしのリアルな婚活女性の本音が読者の共感と感動を巻き起こした、とあるアラ子氏の人気漫画『美人が婚活してみたら』が待望の映画化。主演の黒川芽以さんが演じるのは付き合う男性とは不倫ばかりの美女デザイナー・タカコ32歳。不毛な恋を繰り返した結果、燃え尽き症候群に陥ったタカコの口からは思わず「死にたい…」という言葉が漏れてしまう。「死ぬ気になればなんでもできる!」と親友のケイコから励まされたタカコは勢いで婚活サイトに登録し、結婚相手を見つけるべく奮闘するのだが…。
 「これまでサバサバした役が多かったので、こんなに女の子らしいというか可愛らしい役は初めて。最初は少し戸惑いました。大九監督が私のことを普段は男性のミューズ的な役を多く演じているけど、普段しゃべっているとチャーミングだとおっしゃってくれたんです。その面白い部分やオチャメな部分をもっと女性たちに伝わるように出していきたいと言って下さったので、大九監督がどんな風に私を引き出してくれるのかが私自身楽しみでした」
 タカコと似ている部分を伺うと。
「私自身はどちらかというとタカコよりケイコ寄りの性格。突っ込まれるより突っ込む方が多いですね。でも30歳を過ぎて独身のタカコが、このままでいいの? 私ずっと1人なの!? と孤独を感じたり、心が揺れる感じはよくわかります。ふと“あ、今日私誰とも話してない。ひとりぼっちだ”と気づいたときに、思わずポロリと“死にたい…”と口にしちゃう感じとか。あと、タカコは婚活サイトで出会った男性といい感じになってくると、わかりやすくテンションが上がるのですが、そこも似てるかも。私も感情がすぐ態度に出てしまうタイプです(笑)」
 タカコの婚活相手には田中圭さん演じる女たらしのバツイチ歯科医師の矢田部や、中村倫也さん演じる性格も収入も良いけれど恋愛偏差値が低くオクテな園木など、色々なタイプの男性が出てくるのも見どころのひとつ。そこで黒川さんの好きなタイプを聞いてみた。
「昔は矢田部のようなどこか危なっかしい人に惹かれたときもありましたが、30過ぎてそこに惹かれてる時間はないし、夢を追っている人もかっこいいけれど、そろそろ一緒に夢を語ってる余裕もないぞ、と(笑)。今も昔も変わらないのは何か熱く語れるものがある人が好きです。私、一緒に語り合いたいんです、セッションしたい。そのとき目が泳いじゃうような人はダメですね。目がまっすぐ攻めている人がいいです。そして結婚したら週末はお弁当を持って家族みんなで公園に行くのが夢。仕事も家庭も一緒に楽しめる人がいいです」
 結婚願望は中学生の頃から持っているという黒川さん。この作品の出演を機に婚活に興味を持ったと話してくれた。
「私は6歳からお仕事をしているので合コンの経験すらないんです。だから今回の役を演じるに当たって色々調べました。本当は婚活バーにも行く予定だったのですがインフルエンザにかかってしまって叶わず、仕方がないので撮影のときに実際のお店の店長さんに話を聞いたり、ネットの知恵袋で婚活のことを調べたり(笑)。でも知れば知るほど婚活をしている人は想像以上にお綺麗な人が多いんです。求めるものがはっきりしているから自分磨きにも余念がなくて。女子力が高い方ばかりで驚きました。色々な人との出会いは何よりも財産になるなあと思います」
 最後に作品の見どころを伺うと。
「30歳を過ぎた女性が婚活を通して自らと向き合い、もがき苦しみながら自分の足で歩く姿を描いた作品ですが、自分が何を選び、どの道を進むのかは年齢に限らず誰にでも置き換えられることなので、幅広い年齢の女性に見て欲しいです。単純に男性の好みを言い合うのも面白いと思いますし、観る人によって刺さる部分が違うと思うので、いろんな方に楽しんでもらいたいです」


TEXT /Satoko Nemoto
PHOTO / Isamu Ebisawa
STYLING / Sachie Harada
HAIR&MAKE / Motoko Hoashi(planchette)

Profile
/1987年生まれ。6歳でテレビCMに出演、97年にNHK『鏡は眠らない』でドラマデビュー。以降、数多くの映画やドラマ、舞台で活躍。主な出演作品は映画『グミ・チョコレート・パイン』『ボーイズ・オン・ザ・ラン』など。2019年は、映画『僕に、会いたかった』、『ダンスウィズミー』などが控えている。

Vegas 
『美人が婚活してみたら』
 原作/とあるアラ子「美人が婚活してみたら」(連載:まんがアプリVコミ、刊行:小学館クリエイティブ)
 監督/大九明子 脚本/じろう(シソンヌ)
 出演/黒川芽以、臼田あさ美、中村倫也、田中圭 他
 公開/3月23日(土)全国公開

 (C)2018吉本興業


■Cover Interview 柴咲コウ