ホーム > Special Interview 吉岡里帆

Special Interview 吉岡里帆

BEST BEAUTY AWARD
キレイの秘訣

美容家電やコスメなど、
ビューティーアイテムは常にチェック!

 「清純」「天真爛漫」「癒し系」など、吉岡里帆さんのパブリックイメージを聞くとそう答える人も多いはず。でも今回、吉岡さんが演じた『ハケンアニメ!』ではそのイメージを一新。化粧気はほぼゼロ、無造作なポニーテールでアニメ制作に取り組む瞳を演じている。
「瞳は今まで演じたことのない人物像だったので、俳優として新しい引き出しができて嬉しかったです」
 そう笑う吉岡さんからは「瞳」の無愛想さは消え、持ち前の明るく元気な笑顔が魅力的に光る。とはいえ、映画の撮影は不規則で深夜まで及ぶことも多いそう。吉岡さんは“表に出る側”。実際、お肌のケアなどはどうしているのだろう?
「私は乾燥肌なので、加湿器で常に湿度をキープしたいのですが、それもできないときは、ボディクリームやオイルでの保湿をしっかりしています」 
 全ての女性たちが憧れるであろうメリハリのある女性らしい吉岡さんの愛され美ボディ。その体型をキープする秘密を教えてもらうと。
「撮影の合間にピラティスやジムに通ったりしています。加圧ピラティスなので痛いし、大変なんですけど脂肪燃焼効果は抜群! 眠さに負けてしまう日もあるのですが…(笑)。整体か鍼灸も行ける時に通いながら、体のメンテナンスを欠かさないように心がけています」
 食事にも気をつけているのだろうか?
「私は太りやすい体質なので、撮影前は食べたいものを我慢したり、食べる量を減らしたりすることもありますが、普段は好きなものを好きなだけ食べます。『ハケンアニメ!』で演じた瞳はチョコエクレアが大好物でしたが、私は“ 和菓子”。みたらし団子も好きですし、おはぎやどら焼きも大好き! あんこの甘さは、ほっこりして癒されますよね」
 美のルーティーンを伺うと“ 美容家電!”と即答が。
「1日1回は、何かしらの美容家電を稼働させています。昨日は、足のむくみをとるマッサージ機を使いました。最近新しく美顔器を購入したのですが、これがピーリングもできてお気に入りです。美容家電やコスメなどのビューティーアイテムをチェックするのが趣味なので、つい良さそうなものがあると欲しくなっちゃう。移動中の車の中で色々調べるのが息抜きの時間にもなっています」
 来年でデビュー10周年、そして20代最後の年となる本年に、これからの目標を教えてもらった。
「時間が経つのは本当に早いですね、あっという間の10年でした。20代を振り返ると、登山家みたいでした。コツコツ一歩一歩山を登るような。“挑戦”という言葉がふさわしいかもしれません。30代は仕事にもプライベートにも、もう少し楽しむということを取り入れられたらいいなと思っています。ストイックさは大事だと思っているので、そこは変えずに柔軟さを取り入れてもう少しリラックスした要素を入れていきたいです」

Photo / Ryuta Seki
Styling / MAKI MARUKO
Hair&Make / MIFUNE
Text / Satoko Nemoto