ホーム > Life Style > Freele Air

Freele Air

Freele Air

スマホには必須のアイテムなのに邪魔… ケーブルが“白”ならキレイにまとまります


テレワークで気になり出したのが、様々なケーブルの大混雑。「AS CREW」の進化系USBケーブル「Freele Air」は、ケーブル自己巻きで瞬間収納できるスグレもの。ケーブルが絡まるストレスから解放されて、マグネット充電なので片手で楽々ワンタッチ充電も可能です。端子は3種類で、540°回転するヘッドは、どの方向からでも接続できます。マグネット充電でない方が良いという方には従来型の「Freele」がおすすめ。スッキリまとまる白いケーブルなら、作業効率は格段にアップするはず!

Menu

Freele Air (0.9m) 2,580円 (1.8m) 2,780円
Freele (0.9m) 1,270円~1,470円
(1.8m) 1,470円~1,670円
※端子によって価格が変わります。


Information


関連サービス

感染対策や清潔維持のための頻繁なマスク交換は、もはや日常の生活様式となった昨今。平らな形状の不織布マスクは、口元がタイトになりがちで、どうしても息苦しさや化粧スレなどの悩みがつきません。 そこで、不織布マスクを簡単に3D立体化して、悩みを軽減できるのが「オリジナルのマスク補助グッズ」。暑い夏を快適に過ごしませんか?

刺し子を通して、彩りある暮らしを提案している「さしこのさなのん」の人気シリーズ「刺し子ふきんキット」。下絵つきの晒とオリジナルの手染め糸に丁寧な説明書が付いていて、初心者にもやさしく刺し子のふきんが作れると好評です♪ 定番図柄の「一目六角星」や「一目ます刺し」に、日本の伝統的な図柄「一目麻の葉」といった可愛らしい図柄が…

角の丸みとスクエアな立方体のフォルムが可愛くて、普段使いはもちろん、旅行や出張時にも邪魔にならないコンパクトなボディが魅力のPD充電器。新技術GaN(窒化ガリウム)半導体の採用で、小型で軽量ながらも65Wの高出力を実現。さらに、「Type-C」と「Type-A」の2つのポートを搭載し、モバイル端末2台の同時充電も可能で…

フランスでは定番のメッシュ素材のサブバッグ。日本ではメインのバッグとして使う女性も増えている注目のアイテム「FILTメッシュバッグ」。ネットデザインのバッグで、あえて中身を魅せる感じで使ったり、雰囲気を変えて巾着やトートなどを内袋として使うのもおすすめ。コンパクトに畳めるので、エコバッグやランドリーでの収納など、多種多…

都会に居ながら満天の星を楽しみたい♪ そんな願いを叶えてくれるのが、世界有数のプラネタリウム機器メーカー「コニカミノルタ」の「プラネタリアTOKYO(有楽町)」。宇宙空間を漂うような座り心地のプレミアムシート「銀河シート」はシングルシートもあるので、自分へのご褒美として特別な時間を楽しむことができます。8月のおすすめ作…