ホーム > Life Style > Smart Skin Care®

Smart Skin Care®

Smart Skin Care®

Beauty Trend News 美肌への第一歩は肌状態を知ること


トラブルレスの美肌になるにはどんなお手入れをすればいいの? とお悩みの方に、まず必要なのは、自分の肌を知ること。一人ひとり肌が違うのだから、お手入れも違って当然。まずは、肌のチェックからスタートして!

肌をチェックすれば改善点が見えてくる


 コスメカウンターなどで肌の油分や水分量をチェックしてもらうことってありますよね。しかし、機器の精度やアドバイザーの説明不足によって、チェックした結果をその後の正しいお手入れに結びつけられない場合が多いのも事実。肌状態をベストにするには、機器の精度とカウンセリングがとても重要です。
 そこで、肌チェッカー『SmartSkinCare®』を導入している美容皮膚科「オバジクリニック トウキョウ」の総院長・野本真由美先生にお話を伺いました。
「美しい肌を追求するのに最も大切なことは、『皮膚の健康(スキンヘルス)』です。皮膚が健康であれば、自ら修復する力を最大限に発揮できますから。肌の状態を高い精度でチェックして、適切なアドバイスと処置をすることはとても重要ですね。」
 どんな化粧品が合うのか、何をすれば悩みが解消できるのかも解るものですか?
「肌のタイプやその時の肌の状態は十人十色です。なので、肌の診断(スキンヘルス診断)はとても大事。肌のハリやニキビなどの疾患、キメの状態などをチェックした上で、体質に合ったコスメや漢方薬から、生活における改善すべき点までアドバイスします。時には、化粧品の使用をやめて頂くという選択もあります。足してゆくことが最善でない場合もありますから。」
 『SmartSkinCare®』の導入を決めたのは?
「小型で使い勝手が良く、皮脂量・水分量に加え、キメ、美白レベル、シミ、毛穴やアクネ菌の状態まで測定することができることと、信頼できる精度の高さが何よりです。販売元に『これを使い続けることで、論文が書けるだけの精度はありますか?』と確認したところ、精度の証明を取りに東北大学医学部にまで足を運んでくれたんです。」

データーの共有で未来の美容も変わる

「論文にまとめるためには測定データーをしっかりと管理することが必要不可欠ですが、測定結果をクラウド上に保存できる『SmartSkinCare®』はデーター管理に優れていて、将来的には美容医療に留まらず、化粧品メーカーや小売店なども含め、美容の電子カルテが実現できるようになります。それは、美しくありたい全ての女性たちにとって大きなメリットであることは間違いありません。肌の状態は、その時々で変わりますから、いつでもどこでも同じ精度でチェックできて、継続的に管理できるというのは、カウンセリングする上でも理想的。早くそうなると良いですね。」

Menu

スキンヘルス(=美しく健やかな肌)を目指して、肌のみならず生体を整える治療法やスキンケアを提供。総院長を務める野本真由美先生は、ニキビ、漢方薬、スキンケアなどのテーマを中心に、年間30回以上の医師向け講演を全国で開講。

取材協力
SKIN HEALTH CENTER オバジクリニックトウキョウ
中央区銀座4丁目6-1 銀座三和ビル4F ☎03-4405-5100
http://www.obagiclinic-tokyo.com

Smart Skin Care® アイティアクセス(株) http://www.sma-ski.com
※「Smart Skin Care®」は、お肌の状態を測定する機器であり、医療機器ではありません。


Information


関連サービス

上質な眠りをサポートする「スリープテイラー」の「エトワール」は、サテンストライプ生地の超長綿60番手糸を贅沢に使用したベッドリネン。ダニ通過率0%の高密度サテン織が特徴で、カラーは、ホワイト、エクルベージュ、カーキ、ネイビー、ボルドーワイン、ショコラブラウン、シェルブルーの7色。

住宅情報誌の使える設備ランキングで、1位常連の人気アイテム 夏場のイヤなニオイの原因「生ゴミ」。三角コーナーや排水口を毎日掃除しているのに、ニオイや小バエなど害虫の発生源になってしまうのが悩みという方も多いのでは? ここ数年、住宅情報誌の「使える設備ランキング」で「浴室乾燥機」や「床暖房」を抑えて1位を独占してい…

古くから夢や希望を叶えたいときには、信じる神に祈りを捧げたり、日本では、神社へお参りしたり、お守りを身につけたりしますよね。最近では、展示会や個展などでも目にすることが増えてきた「アファメーションアート」に注目が集まっているようです。紹介する作品「銀色のみなも」は、「水・金」のエネルギーをイメージした中国古来の五行とい…

いびきが気になっているけど切開手術は怖い…。という人に朗報「切らない」「痛くない」「出血がない」の「3ない手術」が遂に可能になりました。  「彼のいびきがうるさくて眠れない」「彼にいびきを指摘されて以来、寝るのが怖くなった」という悩みを持つ人は意外と多いもの。また、ひとり暮らしだと自分ではいびきをかいているこ…

石けんで手肌を洗って、キュキュッとすると「キレイに洗えた」と思っていませんか? 実は、この「キュキュッ」という感触、お肌に貼りついた石けんカスによる摩擦なんです。普段使っている水道水には、カルシウムイオンやマグネシウムイオンと呼ばれる硬度成分が溶け込んでいて、この硬度成分が石けんと反応し、石けんカスになるんです。石けん…