ホーム > Food > 京料理 伊勢長  帝国ホテル店

京料理 伊勢長  帝国ホテル店

京料理 伊勢長  帝国ホテル店

創業以来300年続く、由緒ある京料理の老舗 四季を味わい愛でる京のこころ


味の芸術品とも言われ、季節季節の新鮮な材料を一つひとつ丹念に吟味し、彩を考え、形を整え、そして味を施す「京料理」。手間ひまをいとわないその丹精込めた料理づくりには、旬のものを本当においしく味わうために、細やかな心遣いが隅々まで息づいています。都会の喧騒を忘れてちょっと贅沢に、京の味を堪能してみませんか?

Menu

味の芸術品 京料理

懐石料理(小懐石) 8,100円より
ランチやお弁当、鍋物、一品料理なども人気です。


Information


関連サービス

“本物のビールのおいしさと、本物のビールの健康効果が満載” 「ヴェリタスブロイ」は、一度ビールを造ってからアルコールだけを抜いているので、身体にダメージを与える添加物は入っていません。麦芽とホップ、そしてビール酵母の栄養成分がたっぷりだから、飲むほどにヘルシーです。FOODEX美食女子グランプリ金賞を2017年、20…

ブロートとは、ドイツ語でパンのこと。ライ麦や全粒粉、種子をたっぷり使い、麦本来の香りをしっかりと楽しめるのがドイツパン“ブロート”の特徴です。無添加でバターや砂糖、牛乳、卵は一切使用せず、生イーストと天然酵母を併用して発酵させる製法で、身体にやさしい健康的な生活をサポートしてくれるパンができあがります。本場ドイツで修行…

青じそ風味の求肥に若草色のそぼろをまとった、太宰府梅園菓子処の「うその餅」。天神様のご神鳥「鷽(うそ)」に因んだ縁起餅で、毎月25日の天神様の日に販売される「紅梅色のうその餅」は、味は変わらず青じそ風味のまま、紅梅色のそぼろをまとった限定品。1箱に1個、博多人形のうそ鳥「土うそ」が入っていて、全国各地から注文が殺到する…

冬が過ぎても木から落ちず、翌年の新しい果実と混在しながら育つことから、「だいだい(代々)」と名付けられ、縁起物として正月のお飾りに使われたり、風水でも「ざくろ」「桃」と並んで縁起のよい果実「三柑の実」のひとつとされている“橙”(だいだい)。爽やかな酸味の果汁が特徴で、醤油ベースの「だいだいドレッシング」は、橙の独特な香…

魚粉や動物性たんぱく質を一切使わず、すべて植物性たんぱく質のみを使用した飼育米で育てられた純国産鶏岡崎おうはんの、黄身まで白い卵「米っ娘たまご」と国産米粉100%で作られた、真っ白なロールケーキです。中山間地域の農業が主体の内子町で、循環環境保全型農業への取り組みから生まれ、白壁の町としても長年町並み保存に取り組んでい…