ホーム > Food > 手作り大きな肉まん

手作り大きな肉まん

手作り大きな肉まん

創業昭和三十二年、伝統と革新の神楽坂五十番


昭和32年創業の「神楽坂五十番」が一つひとつ丁寧に作った、「手作り大きな肉まん」。肉汁たっぷりの手ごね肉まんは、なんと直径11センチ 220gという大きな肉まん。先代より伝わる伝統の技で弾力があるのに柔らかいふっくらもちもちの皮と、国産豚肉に国産野菜など厳選された旬な素材を使ったジューシーな具の組み合わせが絶妙で、地元・神楽坂はもちろん、全国各地にもファンが多い、人気No.1の伝統肉まんです。電子レンジで2分程度温めるだけでおいしく頂けます♪

Menu

「手作り大きな肉まん」 220g 393円 10個セット 3,930円他、各種セット販売もあり。総本店及び山手線沿線5店舗他、楽天市場にて購入可能。


Information


関連サービス

パエリアやカレーライスには欠かせないスパイス「サフラン」。一般的にサフランと呼ばれるのは、花の中央にある雌しべの柱頭の赤色部分だけを集めて乾燥させたもので、ひとつの花から採れる量が非常に少なく、1グラムのサフラン(サルゴル)は、約160個分の花に相当し、Triple Oneの「女神のサフラン」は、その中でも最高級の品質…

青じそ風味の求肥に若草色のそぼろをまとった、太宰府梅園菓子処の「うその餅」。天神様のご神鳥「鷽(うそ)」に因んだ縁起餅で、毎月25日の天神様の日に販売される「紅梅色のうその餅」は、味は変わらず青じそ風味のまま、紅梅色のそぼろをまとった限定品。1箱に1個、博多人形のうそ鳥「土うそ」が入っていて、全国各地から注文が殺到する…

やまやの女性社員が中心となって、全国の“食場”を“おだし”で応援するというユニークな「umamiのおべんきょうproject」。 5月の食場訪問は「職場」。器のお店も運営する人気の企画デザイン会社「サーモメータ―」さんが開催している「ランチコミュニケーション」にて、ランチメニューと『うまだし』のコラボ企画を開催しまし…

樹齢200年を越える「枯木実生ゆず」を中心に守り育て、その生産・加工・開発・販売・卸を事業とし、「ゆずを中心とした文化を作ること」を目標とする(株)カネトシ。高さ20mという、通常のゆずの木の3倍にもなる「枯木実生ゆず」は、香り高く凝縮された味が特徴で、枯木実生ゆずとはちみつをブレンドした希釈用ドリンクの「枯木実生ゆず…

 大正時代、上野精養軒に学んだ創業者が日本橋に開業した洋食屋の味を、家庭で楽しんでもらいたいとの想いから、誰でも簡単に使える、粉末状のホワイトソースやルーなどを販売し続けているエム・トゥ・エム。化学調味料無添加で手間暇惜しまず作り上げる丁寧な製法で、80年間、その味を守り続けています。  直火窯で国産の小麦粉を丁寧に…