ホーム > Food > 純米酒「君が生まれて何日目」

純米酒「君が生まれて何日目」

純米酒「君が生まれて何日目」

日本酒のラベルで小説を連載 ひとり酒が楽しくなる1本


今、自宅でゆっくりとお酒を楽しむひとときを大切にしている人は多いはず。
おいしい料理やグラスへのこだわりなど、楽しむポイントは人それぞれですが、
お酒の新たな楽しみ方「小説と音楽とのマリアージュ」を提言します♪

 「日本酒のラベルに小説を連載する」という革新的な発想から誕生した純米酒「君が生まれて何日目」。2月1日に“第1話”となる「誕生」、“第2話”の「しゃっくり」が販売開始となりましたが、なんと連載は全30話までを予定。1話あたりの文字数は、1杯目を注いで3分ほどのちょっとした楽しみにちょうどいい600文字程度。読後は小説の世界に浸りながらゆっくりと美味しいお酒を楽しむために、ラベルに記載したQRコードをスマートフォンで読み取り、小説の世界観とリンクしたオリジナルのインストゥルメンタルが楽しめるという仕掛けも。
 そんなユニークな試みを実現しているのは、蔵元である「竹内酒造」が立地する滋賀県にゆかりのあるクリエイターたち。まず、小説を手掛けているのは、滋賀県を舞台にした映画「マザーレイク」で脚本家デビューした作道雄さん。ラベルの題字を手掛けているのは、滋賀県草津市在住の書家、秀蓮さん。BGMの楽曲作りは、滋賀県育ちの音楽プロデューサー、尾藤知史さんが担当しています。もちろん、竹内酒造が誇る純米酒も魅力のひとつ。地元滋賀県で契約栽培をしている酒造好適米「玉栄」を100%使用。60%まで磨く事で雑味がなく、日本酒初心者にも飲みやすいフルーティな味わいが魅力です。続話を楽しみに待ちながら、想像力を掻き立ててみたり、友人と感想を語り合いながらお酒を楽しむのもいいですね♪

ラベルにプリントされたQRコードを読み取るとオリジナル楽曲も楽しめる

ラベルにプリントされたQRコードをスマートフォンで読み取ると、小説の世界観とリンクしたオリジナルのインストゥルメンタル音楽が流れてきます。楽曲を手掛けた尾藤知史さんは、大津市上田上の桐生キャンプ場で、野外音楽フェスティバル『寝待月のショー』を個人で開催している音楽プロデューサー。この日本酒をきっかけに彼のファンになるかも!?

小説担当:作道雄(さくどうゆう)さん、題字担当:秀蓮(しゅうれん)さん、音楽担当:尾藤知史(びとうともふみ)さん。今後さらなる活躍が期待される気鋭の表現者が集結したことで、新たな価値が創造されています。

Menu

1瓶に1話掲載で30話目を印刷した30本目までの販売を予定。「人生のささやかな喜び」をテーマとしたストーリーを楽しめます。

君が生まれて何日目 720ml 2,069円


Information


関連サービス

ピルスナーの王道を行くビール「ハイネケン」の味を存分に楽しめる5L樽。樽の中は炭酸ガスで満たされ、空気に触れることがないため、美味しさが最後まで持続。サーバーや電源も必要なく、樽生ハイネケンを直接自分で好きなだけ注げるので、瓶や缶とは一味違った味わいが楽しめます。自宅はもちろん、アウトドアでも大活躍してくれます♪

 美容や健康のためにも、毎日の食事で身体や肌にいい食材を積極的に摂りたいもの。仕事にプライベートに忙しく、料理する時間が十分に取れない日は、生野菜や焼いた肉、魚にかけるだけでぐっと栄養価がアップするドレッシングを利用してはいかがでしょう?  おすすめは、樹皮や果物の皮などから作られた100%植物残渣のみを用いた堆肥を…

創業1851年(嘉永四年)。有機低農薬栽培にこだわり、丹精込めた梨づくりを続ける勘兵衛園から直送される「和梨のクラフトシャーベット」。無香料、無着色、無保存料で、 新鮮な和梨のみをたっぷりと使ったシャーベットは、果汁果肉65%に、北海道産50%生クリームを使用。梨本来の爽やかな風味と滑らかな舌触りを存分に楽しめる逸品。…

手軽に糖質管理をサポートしてくれるお弁当が冷凍で届くサービス「HeMog(ハーモグ)」。低糖質かつおいしさにもこだわったメニューは、管理栄養士監修のもと、1食あたり糖質平均約5.0g、糖質以外の栄養バランスも考え抜かれた逸品。食べたい時に電子レンジでチンするだけの簡単料理で、おいしい低糖質ライフ、始めてみませんか?

虎杖浜で水揚げされた助宗鱈卵を原料に、無着色で仕上げられた一品。「きれこ」は、製造途中に切れてしまったり、大きさやかたちの不揃いなものを詰めた品ですが、本物の味を堪能できる値打ちもの。お酒のアテや、ごはんのお供、パスタなどのお料理にも最適です♪ ※「虎杖浜たらこ」は、胆振水産加工業(協)の地域団体商標です。